google722600e99c9c5b4d.html

リソールとは?

リソールとは?

登っているとどうしても足底のソールは減っていきます。
ソールが削れるとシューズの周りを覆っているゴムの部分(ランド)がむき出しになります。ランドは、ソールと比べて摩擦力が弱く、クライミングのパフォーマンスが落ちます。

そこですり減ったソールを剥がしたり削ったりして新しいソールに張り替えます。
それがリソールです。

お客様が シューズの外見で ランドの修理は必要ないだろうと判断されても、ソールを剥がしたら底が裂けていたり、ランドとソールの境目が薄かったりすることもあります。
もしランドの修理が必要であればリソールはしないということであれば、事前にご連絡ください。お客様にとって最善の方法を選択します。

リソールのタイミングは?

ソールのエッジが丸みを帯び、そろそろランド部分が削れそうな時

上の写真のソールの状態ですが、これ以上削れるとランド部分も削れ、つま先の修理も必要となり、余分な料金が発生してしまいます。

またはソールが裂けたり、穴が開いたりした時です。
ご自分での判断が難しい時はお気軽にご連絡ください。

リソールするメリット

まずは価格。新品を買うより確実に安いです。価格は大体1/3程度には抑えられるのではないでしょうか。

そして新品の靴はまだお客様の足にはなじんでおらず、痛いものです。
リソールすればご自分の足型になじんだ状態でソールを新しくすることができます。

リソールのデメリット

リソールの際に使用するボンドは乾燥とともに収縮し、ゴムは熱を加えると収縮する性質がございます。それによりリソール直後はきつくなる可能性がございます。

・履き心地が変わる可能性があります。特につま先修理をした場合、最も重要なつま先付近の形が変わる場合がございます。

・つま先修理をした場合、継ぎ目から剥がれる可能性があります。しっかりと圧着してはおりますが、ハードなクライミングシーンでは継ぎ目に強い負荷がかかりますので剥がれたり、めくれてしまうことは十分考えられます。

つま先修理について

ソールだけでなく、スメアリング等でランド部分も徐々に消耗していきます。
ランドを修復するには、ソールをはがし、ランドを修復してから、ソールを貼り直します。ですのでランド修理はリソールとセットでなければできません。

つま先修理についてはこちらの判断で施工させていただきます。なおつま先修理はつま先の形状が変わる可能性が高く、履き心地が変わる可能性が高いです。
つま先修理が必要ならリソールはしないということであれば、シートに記載してください。
お客様にとって最善の方法を選択します。

タイトルとURLをコピーしました